増大サプリ メリット

※裏情報流出 ホントに効くペニス増大サプリランキング

MENU

ペニス増大サプリメントのメリット・デメリット

メリット

 

ペニス増大サプリによって2ヶ月で3センチの増大に成功した私。
しかし、ペニス増大サプリメントに限りませんが、どんな物にも必ずメリットとデメリットが存在します。
このメリットとデメリットを良く理解した上で利用しないと、痛い目にあうことになりますよ。

 

 

◆ペニス増大サプリメントとの比較対象
メリット・デメリットというのは、何かと比較して良い面、悪い面がメリットとデメリットになると考えています。
ペニス増大サプリメントの目的はペニスを大きくすること。
ペニスを大きくするには3つの方法があります。

 

 ・増大手術
 ・増大器具
 ・増大サプリ

 

これら3つの方法と比較した上で増大サプリのメリット・デメリットについて説明していきましょう。

 

 

◆ペニス増大サプリのデメリット
まずは、ペニス増大サプリメントのデメリットについて説明しましょう。

 

・増大手術と比べて即効性がない
・増大手術と比べて効果に個人差がある

 

増大サプリのデメリットはこの2つになるでしょう。
増大器具というのは、ある意味、増大サプリと近い存在かもしれません。
価格帯も同じくらいですし、効果に個人差もある、即効性もない、といったデメリットは共通しています。

 

比較対象となるのはやはり増大手術。
増大手術であれば、手術したその日からペニスを大きく出来ます。
そして手術さえ受ければ、ほとんどの方がペニスを大きくすることが可能です。

 

しかし・・・という所は増大サプリのメリットのところで説明しましょう。

 

 

◆ペニス増大サプリのメリット
ペニス増大サプリのメリットは以下の通りです。

 

・増大手術に比べて安価である
・増大手術に比べて後遺症や合併症などの危険性が少ない
・増大手術に比べて手術痕が残らない
・増大手術に比べてダウンタイムがない
・増大手術に比べて持続性がある
・増大器具に比べて痛みがない

 

まず大きいのが、値段。
増大サプリは1ヶ月約1万円といった所です。
増大器具は1台1万円が相場です。
しかし、増大手術は1回に付き最低でも3万円、高価な手術は50万円以上、平均しても20万円くらいが相場と言われています。
いくら即効性があっても手が届かない人もいるでしょう。

 

また、増大手術には手術痕、後遺症、合併症などのリスクもあります。
そして、ダウンタイムという厄介な問題もあります。
ダウンタイムというのは、手術後、正常な生活に戻れるまでの時間・期間のことです。
増大手術を受けると約1ヶ月間、セックス・オナニーが禁止されます。
これ、アナタは耐えれますか?
私には無理です。

 

そして、増大手術の安価な手術である、ヒアルロン酸やコラーゲン注入によるペニス増大は、持続期間が3ヶ月〜半年くらいと短いのです。
そのため、何度も注射しなくてはいけません。

 

また、増大器具との比較になりますが、増大器具は痛みが伴うものもあります。

 

それに比べて増大サプリは値段はそこそこ、リスクも少ない、ダウンタイムもない、持続性もあるのでおすすめです。

 

◆メリットの多いゼファルリンはコチラ◆